文字サイズ
人間学ブログ

ホーム > 人間学ブログ

人間学ブログ人間学部ブログRSS

2017年6月 8日

新キャンパス施設紹介:ゼミナール室(ゼミ室)

4月に人間学部が移転してきたナゴヤドーム前キャンパスには、先進的な学びをサポートする最新の設備が揃っています。

今回紹介するのは「ゼミナール室」です。

ゼミナール室は、演習形式の授業をおこなうための部屋として、研究室とは別に、各教員に割り当てられている部屋です。

研究室と同じく、各教員の好みや工夫が反映されていて、外から見ているだけでもなかなか楽しめます。

こちらは国際・コミュニケーション系の加藤昌弘先生のゼミ室。

かとうゼミ室展示

ご専門であるグローバル化と文化、メディア論、そしてスコットランドへの留学経験などが反映されていて、とても華やかです。

ゼミナール室は演習の授業の時だけではなく、各教員のゼミに所属する学生のベースキャンプ的な場としても活用されています。

かとうゼミ室の学生の様子

空き時間にゼミナール室で自主的に学習に取り組む学生の姿もしばしば見かけます。

みなさんも、ナゴヤドーム前キャンパスの人間学部で、一緒に学生生活を送りませんか。

以上です!

カテゴリ:キャンパスライフ

ページトップに戻る

2017年5月 2日

ドーム前キャンパス内のレストラン

みなさん、こんにちは。

名城大学人間学部がある名城大学ナゴヤドーム前キャンパスには、MU GARDEN TERRACE(ムー ガーデン テラス)というレストランが入っています。

レストラン、ではありますが、学生や職員にとっては、「学食」でもありますね。

大学の学期中の平日(授業日)、どんなランチが食べられるかというと......

MU GARDEN TERRACE(ムー ガーデン テラス)ランチ

こんな感じのプレートにけっこうおおきなメイン(日替わりで豚肉か鶏肉みたいです)とサラダが盛ってあって、これにライスかパンがセットで、学生は500円(ワンコイン!)です。教員や職員も学生価格でOKということで、助かっています。

もちろん、どんぶりやうどんなど、500円よりさらに安い価格のメニューも、ありますよ。

学外の一般利用は、この価格でとはいかないのですが、休日もさらに豪華なプレートランチがあるなど、人気があるようです。平日夜のディナー利用も、なかなか良いです。

あっというまに5月ですね。夏バテしないようにしっかり食べてがんばりましょう!

それでは、また......

カテゴリ:キャンパスライフ

ページトップに戻る

2017年4月13日

2017年度の授業が始まりました(基軸科目「現代に生きる」)

こんにちは、名城大学人間学部です。

2017年度の前期の授業が4月3日(火曜日)から開講して、学生も教員も職員も、にぎやかになっています。

新入生の皆さんは、まだまだ緊張の連続だと思いますが、講義科目だけではなく、「新入生セミナー」や、1年生向けの演習「基礎ゼミナール」を通じて、徐々にキャンパスライフに慣れていってもらえればと思っています。

IMG_1179.jpg

この写真は、人間学部の1年生だけが全員で受講する「現代に生きる」という科目です。人間学部の教員に加えて、理工学部や都市情報学部・経済学部といった他の学部の先生にも授業をしてもらう他、グループディスカッションや、iPadを使った討議と意見表明など、盛りだくさんな取り組みをおこなっている科目のひとつです。

人間学部は、グローバル社会で活躍できる幅広い視野をもった実践的教養人の育成を目標のひとつに掲げています。「現代に生きる」という科目を通じても知識を身につけ、学生がよい経験をしてくれればと思います。

では、また!

カテゴリ:授業

ページトップに戻る

2017年4月 3日

ナゴヤドーム前キャンパスからご挨拶です

こんにちは、名城大学人間学部です。

さて、2017年4月1日から、人間学部と都市情報学部が天白キャンパスからナゴヤドーム前キャンパスに移転しました。

実は、わたしたち人間学部の教員は3月半ばからすでにナゴヤドーム前キャンパスに勤務していたのですが......ついに、2000人を超える学生たちが、このキャンパスにやってきました。

IMG_1175.jpg

やはり、新キャンパス。綺麗で華やかでいいのですが、学生が加わって、ますますにぎやかに、大学っぽくなりました。

学内のレストランは一般利用もできますので、ぜひ雰囲気を味わいにきてください。授業のある平日の昼休みの時間は、学生優先になっているので入店できないようなのですが、それ以外の時間や曜日などに、ぜひ。

それでは、また!

カテゴリ:キャンパスライフ

ページトップに戻る

2016年6月27日

人間学部スポーツ大会を開催

みなさん、こんにちは。名城大学人間学部です。

2016年6月25日に、名城大学人間学部の学生スタッフ主催で、スポーツ大会を開催しました。

会場は天白キャンパスの新体育館です。来年度からのキャンパス移転を前に、この会場を利用するのも今年が最後でしょうか。

スポーツはおなじみのドッヂボールで、チームにわかれた総当たり戦を繰り広げました。

201606-sports.jpg

写真は、表彰式の模様です。

スポーツ後には、のみものとお菓子を囲んで「お茶会」も......。

主催の学生スタッフのみなさん、そして参加者の人間学部生のみなさん、ありがとうございました!

カテゴリ:キャンパスライフ

ページトップに戻る

2016年6月15日

ドーム前キャンパスで授業をしました! Part.4

みなさん、こんにちは。名城大学人間学部です。

今回のブログも、新しいドーム前キャンパスからお送りします。

ドーム前キャンパス 外観

これまで Part.1 / 2 / 3 と、人間学部の授業の様子を取り上げながら、ドーム前キャンパスの施設について紹介してきました。

今回は、西館(W)の二階にある社会連携ゾーン「shake(シェイク)」での授業風景をお伝えします。

shakeでの授業風景(全景)

shakeは壁がないオープンスペースです。ミーティングにつかえる机や椅子、ホワイトボード、電子黒板などが備え付けられています。社会連携ゾーンという名前の通り、大学を通じて人と人が「つながる」ことができるスペースです。

今回は人間学部のグループワークの授業で利用しました。

shakeでの授業風景(電子黒板の利用)

大学での授業は、座席に座って先生の話を聞くだけではありません。みなさんが「考える」「行動する」ことを目指すものもあります。グループワークはその一例です。少人数のグループに分かれたあと、共通の課題に自主的に取り組みます。

今回の課題は、「大学でレポートを書くにあたって、準備すべきことは何か?」でした。

レポートとは、大学生になると書くことがもとめられる文章のひとつです。高校生までに慣れ親しむ作文(読書感想文や小論文)とレポートは違います。でも、いったいどう違うのか......? そこから一年生には考えてもらいます。

レポートを書けるようになることは,大学生になってから、必ず身につけてほしい技術です。

shakeでの授業風景(ディスカッション)

レポートの書き方について、今回は「基礎ゼミナール」で、新入生のみなさんに考えながら学んでもらいました。

文章を通じて、自分が考えたことや、自分が身につけたことを、どうすれば他人に誤解がないように伝えることができるのでしょうか。これがレポートの難しさです。でも、このブログもそうですし、TwitterやLineなど、文章で誰かとコミュニケーションを取ることは、意外と多いですよね。

大事なことは、コミュニケーションの取りかたです。レポートも練習すれば、書けるようになります。

ドーム前キャンパス外観(西日)

というわけで、夕日がさしこむドーム前キャンパスから、今回も人間学部の授業の様子をお伝えしました。

それでは、また!

カテゴリ:授業カテゴリ:授業

ページトップに戻る

2016年6月 9日

ドーム前キャンパスで授業をしました!Part.3

こんにちは。
すこしあいだが空きましたが、ナゴヤドーム前キャンパスからの授業風景をお伝えします。

DSC_2213.jpg

今回の授業は「文献購読A」(担当加茂)です。
今年度から新しく始まった科目で、2年生が対象です。
文献を読む、大学での研究活動に必要なことです。特に3、4年生になって専門研究に取り組むときには、専門的な文献を読むことが求められます。それでも専門的な文献をいきなり読もうとしても、学生のみなさんは戸惑うかもしれません。専門的な文献は、例えば小説のような学生の多くのみなさんがこれまで読んできた本とは、異なる種類の本でしょう。この授業では専門的な内容ながら比較的読みやすい文献を講読し、そうした専門的な文献を用いた研究活動へと将来的につなげることができるよう、学生のみなさんの読む力、理解する力を養うことを目的としています。授業はゼミナールに準じた少人数形式でおこなわれ、文献を読んでの議論もおこなわれます。

では、授業風景をみてみましょう。

DSC_2237.jpg

今回の教室は、前2回と変わって「演習室」を使っています。最初は、こうして教員が前に立ち授業を始め、簡単な導入説明を行っています。
IMG_4046.jpg

説明の後、学生のみなさんに机を動かしてもらって、コの字がたに変えて授業継続です。演習室は机が一つずつ動かせるようになているので、いろいろ使い勝手が良さそうです。こうした方がゼミナールの雰囲気ですね。

IMG_4052.jpg

この時は、スリランカの民族紛争が課題でした。

DSC_2250.jpg

授業がおわって、記念撮影(?)。新しい校舎なので教室が綺麗です。

せっかくの機会なので学生のみなさんからの要望もあってキャンパスをまわってみました。
学食。良い雰囲気です。
IMG_4067.jpg

IMG_4069.jpg

IMG_4065.jpg

最後にまた集合写真。2年生のみなさんも来年度からこの新しい校舎に移ること、期待しているようですよ!

カテゴリ:授業カテゴリ:授業

ページトップに戻る

2016年5月26日

ドーム前キャンパスで授業をしました!Part.2

こんにちは。
ナゴヤドーム前キャンパスでの授業風景、第2弾を送ります。

DSC_2208 (2).jpg

今回は、塩崎万里先生の「基礎ゼミナール」を紹介します。

DSC_2227 (2).jpg

「基礎ゼミナール」は、前回の伊藤俊一先生の「基礎ゼミナール」と同じように、「大学での学び」の基本を身につけることを目的としています。こうした、少人数の授業は、ナゴヤドーム前キャンパスでは、写真にあるゼミ室でおこなわれることが多くなります。ゼミ室は、専任の教員一人ひとりに割り当てられます。

DSC_2234 (1).jpg

まだ、引越しをしていませんので、ゼミ室にはほとんど何もない状態ですが、来年度は、それぞれのゼミで特色のあるゼミ室になっていることでしょう。

DSC_2283 (1).jpg

授業が終われば、教室の外に出てリフレッシュ。ナゴヤドーム前キャンパスのオシャレな学食で集うのもいいかもしれません。

DSC_2302 (1).jpg

こうして、みんなで和気あいあいとできるのも、少人数の授業のメリットですね。

DSC_2303 (1).jpg

楽しいおしゃべりは尽きないようです。人間学ブログ、次回もナゴヤドーム前キャンパスを紹介します。

カテゴリ:授業カテゴリ:授業

ページトップに戻る

2016年5月19日

ドーム前キャンパスで授業をしました! Part. 1

みなさん、こんにちは。名城大学人間学部です。

2017年4月からのキャンパス移転に先立ち、人間学部は新キャンパスで授業をおこないました。その様子を、今日から何回かに分けてレポートして、みなさんにもドーム前キャンパスの雰囲気を感じていただければと思います。

ドーム前C 外観 (西館)

今回は、伊藤俊一先生のゼミ「基礎ゼミナール」の模様をお伝えします。

新キャンパスには、ゼミごとの専用教室「Seminar Room」が用意されています。伊藤先生のゼミ室はこちらです。

DSC_2218.JPG

人間学部のゼミ室は、西館に集められています。

今日のゼミでは、レジュメ(配布資料)がテーマです。

ドーム前C 授業の様子(伊藤俊一先生・基礎ゼミナール)

人間学部の基礎ゼミナールでは、新入生のみなさんがなるべく早く大学生活に慣れてもらえるように工夫されています。

少しずつ半年間を通じて、図書館を利用した文献収集の方法から、レジュメやレポートの作り方まで、大学生にとって必要なスキルを身につけていきます。何度も、実際にやってみることで、だんだんと自分でやることができる範囲が広がっていきます。

ドーム前Cの授業(伊藤俊一先生、基礎ゼミナール)2

1年生はみな笑顔も浮かべながらも真剣な様子ですね。ドーム前キャンパスの明るく開放的な雰囲気が、伝われば嬉しいです。

※伊藤俊一先生の基礎ゼミナールのシラバスはこちらです

カテゴリ:授業カテゴリ:授業

ページトップに戻る

2016年5月18日

新キャンパス開放day! を開催しました

2016年5月14日、地域のみなさんに新キャンパスを開放して体験していただく「新キャンパス開放day! 」が開催されました。

新キャンパス開放day! での講演会の様子(水尾先生・亀井先生)

そのイベントのなかで、人間学部の水尾衣里教授と都市情報学部の亀井栄治教授によって「ひと×まち トークライブ「みんなでつくるキャンパス」」と題した講演会を開催し、レセプションホールは立ち見が出る盛況となりました。お二人はマイクを持って並び立ち、スライドを使ってトークを進めながら、新キャンパスの施設を紹介し、施設にこめられた地域への想いや設計思想を説明しました。

人間学部は2017年4月から、新キャンパスに移転します。人間学部の本館となる西館は既に完成しており、教室備品などの整備を進めているところです。

カテゴリ:キャンパスライフ

ページトップに戻る