文字サイズ
大学院

ホーム > 大学院 > 教育方針

教育方針

人材養成目的・3つのポリシー

 

人材養成目的その他教育研究上の目的

人間学研究科は、人間に関するテーマを研究・展開できる研究能力とともに、総合的で柔軟な判断力、多元的・複雑化した社会で求められるコミュニケーション能力、高い公共性と倫理性を備えた人材の養成を目的とします。

 

 修士課程

 

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

本研究科修士課程で学ぶためには、

1.人間についての広い視野と探求の基本技能を身につけている
2.人間の心、人と人との交流、教育についての基本知識とさらなる探求への意欲を持っている
3.国内外の社会情勢や異文化、多様な価値観に関する基本知識とこれを深めようとする態度をはぐくんでいる

これらの総体として発揮される能力を身につけていることが望まれます。

 

カリキュラムポリシー(教育課程編成方針)

人間学研究科修士課程の教育課程は、

1.心理、社会・教育、国際・コミュニケーションの3分野から構成され、PBL学習など双方向で運営される特論科目
2.3分野相互の関連性の理解や共通する研究方法、コミュニケーションの修得をめざす1年次の共通科目「人間学特別演習」「コミュニケーション特別演習」
3.体験による学習活動を中心とする3分野それぞれの関連科目
4.修士論文のための研究を行う科目「人間学特別研究」

を配置し、高度の専門性・総合性・実践生を重点に編成しています。

 

ディプロマポリシー(学位授与方針)

人間学研究科修士課程において、2年以上在学し、修了に必要な30単位以上を修得した上で、所定の修士論文の審査に合格し、

1.現代の人間をめぐる諸問題について、その本質と解決の方策を考察できる深い知識を持つ
2.さまざまな人と協調してコミュニケーションをとり、自分の主張を伝えられる
3.人間と社会のありようを学際的総合的に、しかも論理的に深く考察できる
4.公共性と倫理のあり方を考察し、高い見識を持つ
5.日本文化と多様な文化への深い理解を背景にして、人と人との交流を支援できる
6.高い語学力を生かして国内外で就業できる力量を持つ
7.人間の心のあり方とその成長の道すじを深く理解し、教育のあるべき姿を提言できる

これらの高度な能力を総体として身につけた学生に対して、修士(人間学)の学位を授与します。