文字サイズ
学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 教育方針

教育方針

人材養成目的その他教育研究上の目的

人間学部は、人間性への洞察を中核にすえた広い視野と深い教養を持ち、豊かな人間性に裏打ちされ、国際的な舞台でも活躍できるコミュニケーション能力と行動力を備えた人材の養成を目的とします。

 

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

人間学部で学ぶためには、

1.大学での学習の基礎となる学力
2.人間について広い視野を身につけたいとの意欲
3.人間の心、人と人との交流、教育への関心
4.国内外の社会情勢や異文化、多様な価値観への興味

これらの総体として発揮される学習能力を身につけていることが望まれます。

 


カリキュラムポリシー(教育課程編成方針)

人間学部の教育課程は、

1.基礎的な教養の修得をめざす全学共通教育科目
2.大学での学習・探求に1年次学生を導き入れる基礎ゼミナールをはじめとする導入教育科目
3.「心理系」「社会・教育系」「国際・コミュニケーション系」の3領域から構成され、学年進行にそって導入・基幹・展開と段階的に専門性を高める専門教育
4.海外の言語や文化を現地で体験したり、国内の実際の現場を体験したりして、実践的な力量を高める体験科目
5.少人数で運営し、各自の研究テーマに取り組む基幹ゼミナール、卒業研究ゼミナール

を配置し、総合性・系統性・実践性を重点に編成しています。

 

ディプロマポリシー(学位授与方針)

人間学部において、4年以上在籍し、人間学部が定める卒業に必要な124単位以上を修得し、

1.現代の人間をめぐる諸問題に取り組む知識と意欲をもつ
2.さまざまな人と協調してコミュニケーションンがとれる
3.人間と社会のありようを学際的総合的に考察できる
4.日本文化と多様な文化を理解している
5.語学力を生かして国内外で積極的に行動できる
6.人間の心のあり方とその成長の道すじを理解している

これらの能力を総体として発揮できる学生に対して、学士(人間学)の学位を授与します。