文字サイズ
新着情報

ホーム > NEWS一覧 > トピックス > 人間学部公開講座で葛西JR東海会長が講演

人間学部公開講座で葛西JR東海会長が講演

カテゴリ:トピックス|2012年11月12日掲載


人間学部の平成24年度公開講座が11 月10日午後1時から、JR東海(東海旅客鉄道)の葛西敬之(よしゆき)会長を講師に迎え、共通講義棟南101講義室で開かれました。JR東海が推進している東京~名古屋間を約40分で結ぶリニア中央新幹線は、2011年に国の「基本計画」から「整備計画」に格上げされたことで2027年開業に向けて大きく動き出しています。葛西氏は、会場を埋めた約300人の市民や学生たちを前に「リニア中央新幹線が拓く日本の未来」のテーマで講演。壮大なプロジェクトが動き出し、15年後の開業が視野に入ってきたリニア中央新幹線について、構想誕生からの経緯やエピソード、移動時間短縮に伴う経済効果などについて熱く語りました。葛西氏は引き続いて、「明日のリーダーのために」のテーマで、人間学部の水尾衣里(えり)教授(都市計画学)とのトークセッションに臨みました。この中で葛西氏は、「学生時代は試験も先生が教えた範囲からしか出題されないが、企業に入れば誰がどう評価するか分からない。自分で目標を作り、自分で評価することが大切になる」「場所を与えることで人は大きく育つ。リーダーは人材を見抜く眼力が必要」などと語りました。

【写真上】「リニア中央新幹線が拓く日本の未来」のテーマで講演する葛西氏
【写真右】水尾教授とのトークセッションでリーダー論を語る葛西氏