文字サイズ
新着情報

ホーム > NEWS一覧 > トピックス > 「ブラックバイト」啓発の講演会を開催しました

「ブラックバイト」啓発の講演会を開催しました

カテゴリ:トピックス|2016年4月27日掲載


2016年4月27日、名古屋第一法律事務所から弁護士の久野由詠先生をお招きして、人間学部の学生を対象に「個人の尊重と正しいワークルール 〜ブラックバイトにご用心〜」と題した講演会を実施しました。

久野先生はブラックバイト対策弁護団あいちのメンバーとして活動しておられ、多くの大学生に力を貸しておられます。司会は名城大学人間学部の水尾衣里教授が務めました。

CIMG7505.JPG

当日は「人間学総論」を受講する1年生を中心として約200名が聴講しました。近年話題となっている「ブラックバイト」は学生たちの無知につけこみ違法な働きかたを強要するアルバイトのことで、初めてアルバイトを探そうとする新入生たちにとっては身近な脅威のひとつです。会場では「時給は1分単位で計算されるか?」「タイムカードはいつ打刻する?」など、学生たちに問いかけられながら講演が進められました。

ご協力いただいたみなさまに感謝致します。